excitemusic

仕事を辞めて、子供の頃からの夢だった獣医の資格を取るために、大学入学を果たした元社会人学生の奮闘記
by hirugi1
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


キジバトさんこんにちわ
試験の愚痴が多かったので反省気味の管理人です。
とはいえ、また試験勉強で毎日8時近くまで図書館
に缶詰です。



さてうちの獣医学科には直属ではありませんが「野生動物
医学研究室」が存在します。
詳細はともかく、基本的に先生がいますので、周辺市町村
から傷病鳥獣(ほとんど野鳥)がぽつぽつ持ち込まれます。
なので、先生に頼んで収容された動物が来たらできる
限り連絡をもらうようにしています。

で、昨日見てきた患者さん。





d0013151_2354517.jpg
どうも、キジバトのででっぽー(仮)です。
猫にかまれました。胸骨むしられました。
あ、首も咬まれました。
痛いです。怖かったです。死にそうでした。
で、ここはどこ??私は誰??






などと思っているのでしょうか。(うそうそ)
先生曰く、猫に咬まれた胸骨の一部が落ちかかっている
ので麻酔をかけて詳しくみて、処置をするとのこと。
見学したかったのですが、あいにく予定時刻は必修講義
の時間。先生にもすぐ終わるから講義の方に出て下さい、
と言われ、術後にまた来ることに。

翌日、見に行ったら何事もなかったように元気なお姿。
結局、落ちかけていた骨と痛みの激しい組織の除去と
傷を焼いて(←これはちょっと驚き?の処置に聞こえる
かも)治療終了したそうです。
後は元気になって、飛ぶ訓練をしたら放鳥の予定との
ことでした。まあ、よかった、よかった。

ついでにシジュウカラのらぶりぃな巣立ちヒナも来客中。
一緒に見に来た友人は初めてらしく「かわいい♡」を
連発。うん、そりゃかわいいよ〜。


本当は、この研究室にたくさんの生き物が持ち込まれない
方がいいのですが・・・。
早くこういう生き物を治せるようになりたいものです。
そのために乗り越えなければいけない道はまだ遠く続いて
います。
頑張らねばなあ。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-07-06 00:13 | 獣医の戯言
たかが試験、されど試験
うーん、やっぱり早い!
ちょうど先週解剖学の試験を受けて死んでいたのに
もう1週間たってしまった。
時の流れの速さにしばし呆然とする管理人です。

ということで?たかが試験のくせにわーわー騒いでいましたが
終わってしまえばなんのその。1週間もたてば



通れば何だっていいのさ〜♪



という悟りの境地に達します。

勉強会を始めた頃はちゃんと体系的に理解しようと、人間用の
参考書(私は買っていないが)なども駆使して、それはそれは
まじめにやっていました。

で、だんだん日が近づくと過去問ベースでとにかく覚えるという
作業になりましたが、そのころになるとなんとなく例の「お経」
が多少は読めるようになりました。
まあ、努力は報われるのかなあと少し思い直していた矢先!

試験の時、配られた問題用紙を見て愕然としました。


「神経解剖の問題が半分もない・・・」


それは試験1週間前のこと。最後の講義が終わるとさらっと
先生が「試験範囲、骨と関節と筋肉も追加ね〜」
とのたまうではないか!
みんなでこれ以上範囲増やされたら死ぬと文句を言うが
先生はとても嬉しそうに、相手にしてくれず。(殺すぞ)

ただ、勉強の投資配分を考えると、講義全体の8割近くを
占める神経解剖学と聴覚・視覚の勉強を優先するのは
自明の理。
そして時間のなくなった自分は、追加分の分野にほとんど
手が回らない状態となってしまった。(これはよくない)
そして蓋を開ければ、問題の8割近くが骨と関節の
お絵かきと同じ分野からの出題で占められ、圧倒的
ボリュームを誇っていた神経解剖学の問題は2割強の
出題となっていた。
おかげですっかり打ちのめされてしまいました_| ̄|○。
山をはずす、とかいうレベルではない。



いえ、結果的には通ったんですよ。



しかし、そーゆー問題じゃなくてあれだけ時間を使って
やった講義なのに試験ではどうでもいいのか、と疑問に思って
しまった訳です。
まじめに勉強したのが空しくなります。
結局大事なのは何だったのだろうか。

実習の時、先生に何で神経解剖があんなに少なかったのか
聞いてみたら


「順番に問題作ってたら何だか足りなくなっちゃって
省いちゃったんだよね〜あはは〜」




久しぶりに殺意を覚えました(-_-)



まあ、こうやって顛末を書いていても些細なことだと思う。
たかが試験なのである。
進学のためには単位を落とさないことが前提だから、
そのための手段は選ばない(カンニングは論外だが)。
要領よく試験をこなすのも一つのテクニックであろう。
しかし、地道に勉強したことも決して無駄ではないと
思いたい。
今はバラバラな断片的な知識が、これから相互に
結びついて立体像を作れる時がくるといいなあ、と
思いつつ、要領の悪い自分はまたこつこつやって
いくしかないでしょう。

とか言ってるうちに、来週また2つ試験です(泣)
いやあ〜、学生の本分はまさに勉強っすね!
[PR]
# by hirugi1 | 2006-07-03 18:26 | 大学生活
いいわけってゆーか
どういうわけか気がつくと試験に追われて余裕をなくす
計画性のない管理人です_| ̄|○。

そういうわけで、ネタはあるのですが精神的ゆとりがないため
更新を怠っています。
そうすると、ネタも古くなるので放置。

明日も試験。その名も神経解剖学。前回も嘆き節だった鬼門。

ではその一部を。


「上行性投射路においては外側線維群は脊髄視床路を形成し、
背角深層に起始し、後外側腹側核(VPL)に終止し、粗大触圧覚と
温冷痛覚を伝える」



医学部の方はわかりますねー。

私にはお経のように見えました_| ̄|○。

そういうわけで一瞬現実逃避してますが、これからまたお経読み、
ぶっちぎり12時間耐久レースを展開したいと思います。押忍。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-06-25 11:57 | 大学生活
一体何が違うのか
相変わらず息があがりっぱなしの管理人です。
睡眠薬も手放せません・・・。
たまに減らして飲むとしっかり早朝覚醒です。
なんとかならんのか。

そういうわけで?枯れても花の女子大生(爆)生活も早や2ヶ月。
慣れては来ましたが、いろいろ思い知らされることも多々あり。

一番痛感したこと。


「記憶力が著しく低下している自分」


これは、本当に実感した。

獣医学科の講義は覚えることが異様に多い。
考えるというより、膨大な情報量を一気に受け止め、暗記という
形で処理しなければならない。
たとえば、神経解剖学で脳の断面図があるとその一枚の中に
30個以上の部位の名称があったりする。
そしてその脳の断面図がたくさんある。
累積すると1000個以上。


覚えきれません・・・(泣)。


そして講義で先生が言った事を記録しようとして、すぐ忘れる。
まさに「鳥頭状態」。3歩歩いて忘れるってやつですね。

自分が物覚えが悪いと悟った段階で、地道に勉強はしているの
ですが思うようにはいきません。
でも、周りの同級生達は授業さぼったり、サークルやらバイトなど
で忙しそうで、学生らしく楽しくやってるように見えます。
ついでにすごい余裕があって要領よく、かしこく見えます。

一体彼らと、自分の何が違うのか。
新しいことを学ぶということでは同じ立場なのに。

なんだかなー、と思いつつ比較してめげていても仕方ないので
自分なりに地味にやっていこうと思っています。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-06-12 23:02 | 大学生活
ミスチルつながり
久しぶりに音楽の話題です。
若い人といると、彼らの音楽の趣向って何だろうって思います。
カラオケに行けばわかるのかな(^^;)。→行けませんから
まあ、きっと指向が合ったり全く知らなかったりなのでしょう。
ミスチルでも古いのかなあ・・・?

私はアナログですが、新しいのも好きです。

最近のヒット。

レミオロメン。

この冬ヒットした「粉雪」。
バイト中有線でヘビーローテーションでさんざん流れていた。
これがヒットする前からレミオロメンは知っていた。
なぜかというと我が愛するミスチルの所属事務所のバンドだったから。
レミオメロン(メロンじゃないって)とか間違われていましたが、もう
大丈夫でしょう、
売れるかなー、どうかなーと見守っていたバンドが売れるのは嬉しい
ようでとちと寂しい。
先月アルバムが出ましたがたぶん売り上げは好調でしょう。
売れてから出したアルバムというのは何かときついとは思うけど、
よく出したと思う。
1曲目から奏でる爽快感に身を委ねる。
この爽快感を大事に、音を作って欲しい。そう思う。

やっぱり音楽は、いい。


僕らはこれ以上ないなんて決め込んで
本当の力を出せずにいるよ
飛び出せ世界は無限の彼方じゃなくて
こちらにあるからイメージは超えられる


超えていこう。
自分を取り囲むことから。
未来を取りに。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-06-07 00:54 | 音楽
閑話休題;酒はほどほどに
自称アル中の管理人です。手の震えがとまらないのは、アル中
なのか、薬のせいなのか??どっちにしてもヤバいですね〜。

さて、ちょっと前になりますが、獣医の2年生でクラスコンパなる
ものが行われました。まあ、どうやら新しく入った自分を含め2名
の編入生の歓迎会も兼ねていたようです。
飲み会といってもシンプルに生協の食堂を借りて、食料や飲み物
は近所で買い出し。
学生らしくていいですね〜。

で、始まって楽しく飲んでいたのはいいのですが、酒が安い缶チュ
ーハイが多くて仕方なく飲んでいたら、それが効いてしまったようで、
情けないことに撃沈しました(ToT)。
帰りにバスに乗るときにステップに乗れずにひっくり返ってしまった
そうです(-_-;)。
いえ、こんな情けないことはあまり(ええ??)なかったと信じたいの
ですがやってしまいました。

いい大人が学生に呑まれてな−にやってるんでしょう。
ダメージが大きくて、しばらく缶チューハイは飲みたくありません。
(と、往生際悪く酒のせいにする)

まあ、飲みそのものは学生らしく、しっかりイッキコールとかやって盛
り上がって楽しげでしたし、よかったのですが。
(後でもう一人の編入生に「飲みに馴染みすぎ!」と言われてしまった)

何にしても、自分を見失う行為だけは避けよう、と心に固く誓った次第
です。

さて、どうなることやら。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-06-05 01:22 |
なんだろう、このギャップ
とうとう5月も最後の日になって、いろいろ焦っている管理人です。
あまりに時間が経つのが早すぎて、何が何やらという感じ。
まずい・・・。

学生生活第一弾の試験とレポートが終わってほっとしたのも
束の間、翌週にはまた別の小テストで繁殖ホルモンの丸暗記
攻撃で己の脳みその老化を嘆いていました。

解剖学の講義もいよいよ混迷を極め、理解不能状態に危機感を
覚えた数名と勉強会を開始。
すでに期末試験への恐怖が始まっています。

そんな中、20日ぶりに牛当番。
ひかーりちゃーん♪と牛舎に行くと、上級生と先生(教授)の姿が。
見ると、


二人して牛さんのお尻に手つっこんでました!


はい、いわゆる直腸検査というやつですね。
そんなに驚くことではないのですが、間近で見たのは初めてだった
のでなかなか刺激的でした。
ついでなので、掃除しながら先生からあれこれ話を聞いて、牛さん
としばしコミュニケーション。
しっぽビンタをくらいましたが、生牛タンになめられ微妙な心境に。
いやあ、楽しいなあ。

牛当番の数十分前まで「家畜生化学」の講義で、グルコースの分解
について細々とした物質やら酵素の名前のオンパレードで頭の中が
文字で飽和状態だったので、余計楽しかった。
やはり生き物はいい。
あ、でも講義で聞いた酵素の名前、忘れた・・・。

今の段階では、頭の中の物質名やら化学式などと目の前で牛に手を
突っ込んでいる状況にはあまりにギャップがありすぎますが、いつか
どこかで結びつくと思ってめげずに行きたいものです。
まあ、牛とは直に結びつかなくても国家試験には結びつくかも(^^;)
(打算的だなあ・・・)
[PR]
# by hirugi1 | 2006-05-31 19:02 | 大学生活
さっそくですかー
なんだか進歩のないまま日々に追われている管理人です。
ひそかに体力増強をはかろうとしています。

さて、うかうかしていたらいきなり今週になって忙しくなりました。
大学生らしく


テストとレポート提出〜♪


まあ、別に大学生だったら当たり前なのですが、この
「レポート」というのが妙に懐かしい。
でもってテストは嫌い。
懐かしがっていたり、嫌がっていたりしたらあっという間に時間が
なくなりました。

はい。

ちょっと、いえ、かなーり焦っています。

というわけでこれから金曜日に向けて臨戦体制に突入します。
しっかし、こんな調子で期末試験を乗り切れるのだろうか…。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-05-17 01:02 | 大学生活
牛さん、こんにちわ
不眠で死にそうなくせに、昨日がっつり飲み屋で日本酒を激飲して
きたアル中管理人です。ふところが「寒い」です_| ̄|○。

ということで、本日牛当番でびゅう。
なぜこんなことがあるかというと、まあ、獣医学科なので当然実験用
の動物達がいろいろいるわけです。
で、生き物ですから毎日面倒をみなくてはなりません。
牛当番以外にも犬当番や、どうやらヤギ当番もあるようです。
牛さんの場合、2人1組で朝と夕方2回、餌やりと掃除をしなくては
なりません。
夏休みも正月も当番はあります。
元旦の牛当番は切ないものがありますねえ。どうなるんだろう。

それはともかく、夕方当番で行ってきました。牛舎。


d0013151_230973.jpg


こんにちわ。農工大のアイドルホルスタイン、ひかりでーす。



d0013151_2305873.jpg


っつーか遅いんだよっ!早く餌よこせ~!!!(モーッ、モーッ、モーッ)
(ちょっと目がイってます・・・)


d0013151_2334972.jpg


牛当番>すいません、お食事中ちょっと後ろから失礼します。


d0013151_2343395.jpg


牛当番>うーん、今日もたくさんう●こしたねー。よしよし。


・・・。


ちなみにう●こは、スコップですくって、トラックの荷台まで運びます。
15分やって、腕の筋肉がつりました。←かなり問題あり
牛はやっぱり大きいし、近くにいくとかなり迫力があります。
気をつけていないと、足踏まれたり、頭突き、体押し付け、尻尾ビンタ
などの攻撃をくらいます。
でも、その大きな暖かい体にふれると何だか楽しくなってしまいます。
臭いのも怖いのもなんのその。

講義で疲れた頭に、一時の癒しとなりました(^_^)。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-05-10 23:21 | 大学生活
早いもので・・・
PCアレルギー、不眠症、腰痛、肩こりの管理人です。
あまり更新しないと誰も来なくなっちゃうよ〜(>_<)。

早いもので入学式から1ヶ月たってしまいました。
なんだか日々を送ることに精一杯で、不眠症との戦いに明け暮れた
1ヶ月でした。
不眠症という伏兵がいなかったら、もう少し元気だったのかと思うの
ですが・・・。

とはいえ、さすがに学校内を歩くことには抵抗がなくなりました。
完全ではないですが、クラス(2年生・40人)の子の顔もだいたい分か
るようになりました。
講義も内容の理解はともかくなんとなーく様子がつかめてきました。
ちなみに2年生前期の自分が受けている獣医必修講義。

獣医学概論(これは1年次必修)
家畜解剖学
家畜組織学
家畜生理学
家畜生化学
畜産学概論
家畜微生物学
家畜臨床繁殖学
家畜解剖学実習
細胞生物学
・・・


家畜、家畜って家畜ばっかりじゃん〜っ!!


と、思うなかれ「家畜」と言っても内容は極めてミクロな話が多く、
人間の医学書と共通の内容が多いです。実際、獣医の専門書は高額
(1万、2万は当たり前)なので、比較的安い人間の医学書を買ってい
る人もいます。

何がミクロかというと例えば生物の体を構成する基本であるアミノ酸の
話を死ぬほど聞かされるとか、聴覚の仕組みについて微に入り細に渡り
(これがまた説明しづらい)絶対覚え切れない専門用語を並べられて話
されたり。
生理学や生化学、組織学などいわゆる基礎系獣医学は人間の医学と
共通しているなあ、と思いました。
実際、講義で使う資料も人間の例が多いし。
実習や臨床の講義は、牛や馬の骨のスケッチに始まり、●●の解剖
(あえて伏せ字)や、牛の繁殖機構について学んだりするので獣医らし
いです。
個人的には、肉眼で見えないミクロな細胞や分子レベルの話より実
際に見える事象の学問の方が好きですが、基礎あっての臨床なのだ
ろうと思うので、ここは我慢のしどころです。
まあ、物は考えようで例えば、自分の視覚や聴覚がどこの何細胞が
興奮して、あーなって、こーなって、と想像するのはけっこう面白いか
もしれません。

それにしても、急に新しい情報が大量に押し寄せて来たので、理解
どころではなく、受け止めて記録するだけで精一杯です。
しょっちゅう、脳みそと文字を書く手の神経が切れて爆死してます。
こんな調子で、試験を受けたらとんでもないことになりそう(-_-;;)。
これから先、まだまだもっと大変なのにここでこけていてはどうしよう
もない。
とにかく頑張らなければと、日々自分に言い聞かせている状況です。

明日は今までの中でもっとも獣医学科らしい、イベントがある。


牛当番〜♪♪♪


そう、そのまんま「牛当番」。
大学で飼育しているホルスタインさんのお世話をする係です。
動物の飼育当番なんて小学校以来です。(しかも相手大きすぎ)
詳細は明日以降!
[PR]
# by hirugi1 | 2006-05-09 11:50 | 大学生活