excitemusic

仕事を辞めて、子供の頃からの夢だった獣医の資格を取るために、大学入学を果たした元社会人学生の奮闘記
by hirugi1
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


後期の後期開始
冬休みは短い。
でも、なんだろう。正月というのはなぜか人の感覚を麻痺させる。
おかげ、すっかりぼけてしまった。

レポート2つ、そして今日、後期開始の第一弾の試験。
もう、嫌になる。
前からわかっているのだから、ちゃんと準備すれば良いのに、
また、ぎりぎりまでやって、半徹夜モードだ。
情けない。

もちろん、正月くらい休ませろよ、ともいいたいが、そこは
我慢したものの、やはり、まったり正月ムードと意味もない大掃除の
プレッシャーに負けてしまった。
ということで、なまけたり家業?に精を出した結果が、一夜漬けテスト
対策となんちゃっていい加減レポートの作成になってしまった。
いつになったらこういう、やっつけ仕事がなくなるのか??

今日は初日から、ぼけ頭にはハードな一日だった。
1限目:遺伝学の試験(小テストとはいえ、侮りがたし)
12時過ぎまで:付属動物病院で研修。
          心臓を煩うでっかいレトリバー君につきっきり。
午後5時過ぎまで:解剖実習。
          午前中、病院で心臓の悪い子を看た後に心臓を
          スケッチするのは、ある意味強烈。
          でもしっかり、勉強できたかも。感謝だなあ。


でもって、明日閉め切りのレポートをまた抱えつつ、今日の徹夜は
嫌やなあ、と思う次第。
来週、再来週も試験です。
ほんとに試験ばっかりだー。

新年は、さほど確たる信念を持たないまま、怒濤の後期の後半戦に
さしかかろうとしているようだ。

流されないようにしないと。
[PR]
# by hirugi1 | 2007-01-09 21:29 | 大学生活
明けまして・・・遅いってば
遅まきながら明けましておめでとうございます。
世の中は何事もなかったように日常に戻ってますねえ。
管理人は、年越しの部屋の大掃除でうんざりしてます。


忙しくて、一年を振り返る余裕もありませんでしたが、なんとか新年を
迎えもうすぐ後期の休み明け学期が始まります。
それは試験とレポート地獄のロードの始まりでもあります。


本当に更新ができなくて、正直ブログは辞めようと思いました。


前のようにむやみ自分の受験記録を残すことが目的ではなくなって
一体、何をここですればいいのかわからなくなったのです。
生き物のを扱う立場になって、発言が怖くなりました。
思うことを言うことが怖くなりました。
ネット社会の極めて典型的な問題にぶつかったからです。
一体、何のために??


まだ、答えは見つかっていません。


でも、確かに。


こうやって、細々をブログをやっていたことで、社会人から獣医に
なりたいという人からたくさんメッセージをもらった。
それは、たぶん、ネットでしかありえない事。
もし、誰かが悩んでいて、何かを探して。
もし、誰かが自分の所にたどり着いたのなら。
これは、きっと、大事なことではないかと信じたい。
はからずも自分が記録して、公開したことが誰かの役にたてば、それは
単純にいいことではないんだろうか。
たとえ、自分が意図していなくても。


もちろん、人のためにブログをつけているわけではない。
でも、自分が悩みつつ、苦しみつつ、前を見て進んでいくことを
表現することで、何か、誰かの心に何かをもたらすことができたのなら。
そう思うと、今は止められないなあと、思った次第。


まあ、難しいことは考えず、マイペースで且つ、考えつつしばらく
この場所を借りて世界の片隅でつぶやいてみよう。


そういう訳で今年もぼちぼちやっていきます。
どうかよろしくお願いします。
[PR]
# by hirugi1 | 2007-01-06 01:09 | 日常
ミスを犯さないために
たぶん、もっと勉強して経験をつめばこんな事思わないんだと
思いつつ。

テレビで病院特集みたいなのをやっていて、医療ミスの話があった。
ミスは許されないのはそうだけど、やっぱり大なり小なりミスを積み
重ねないとベテランにはなれないのかな。
テレビに出ている手術歴数百件という先生も、最初は大事に至ら
なくてもきっとミスはあったのではないかと思う。
違うかもしれない。
よくわからない。
ミスを100パーセント回避して、熟練した医者になれるのだろうか。

たまたま、今日は解剖実習で、 ちょっとしたミスをした。
うっかりというか想定外の事態が解剖相手に起きていて、切っては
ならない所を切ってしまった。
ごめんごめんと、解剖相手に謝り、実習グループの仲間に謝る。
それですむからまだいい。
(もちろん、次は同じミスはしませんが)
当然、実際の手術だったら、うっかりはやってはいけない。
本当に怖いなあ、と思った。
この先、自分が一体どういう場面に遭遇するのかわからないけれど、
命を預かる身であれば、ミスは犯したくない、と思った次第。

まだ、甘いのかな。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-12-12 21:35 | 獣医の戯言
あああ
なんだかもう、気づいたら12月でウヒャーという感じです。
そうこうするうちに試験やらレポートがぱらぱら降ってきて、これを
しのいで正月ぼけてると、地獄をみます。
年明けはまた地獄の試験ロードです。

とかいって、水曜日には生化学に試験があるので、それの対策中。
日々楽しく?講義を受けていた10月頃が懐かしい。
試験さえなければ勉強楽しいのになあ〜。
はあ( -_-)。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-12-11 01:34 | 大学生活
酒ネタ>新酒だよー!
飲み過ぎによる(いや他にも原因が。。。)体重激増により、
目下晩酌ビールを控えている管理人です。
でも新発売のブラウマイスターは旨かったです。

毎晩晩酌に付き合っていた我が親父殿が、足の骨にひびを
入れて1ヶ月。完治のため、禁酒に付き合っていましたが先週から
晴れて解禁となりました。


早速、酒屋へ走りに飛ばされましたっ!


ということで今や我が家の酒の台所、はせがわ酒店表参道ヒルズ店
へれっつらごー。
今はもう新酒が出始めています。
しかもひやおろしもあるので、新酒とひと夏寝かせた酒が同時に
味わえるということで、けっこう「美味しい」時期です。


先週の新酒フィーバー。


d0013151_21391376.jpg
勧められた「愛宕の松」(宮城県)
新酒ならでは爽やかさもさながら、食中酒を目指した酒造りにたがわず、すっきりとした喉越しと適度な味わいが刺身や煮物に非常に合いました。はからずもその日は宮城の生カキ。気のせいではなく、過去最高のベストマッチだと思ってしまった。
安芸虎は、名前はごつい感じですが、うすにごりの新酒はまさにフレッシュ。でも、余計な甘さや香りはなく純米らしい米の味もする逸品でした。(生カキとは愛宕の松の方がよかったかな)





いや、何より久しぶりの家飲みで親子で新鮮だったのかもしれません。
その後、親父の暴走は止まらず。
1週間で3回、はせがわ酒店にお世話になりました。
もう、すっかり(というかかなり前から)お店のスタッフには面が
割れてます(^^;;)
やれやれ。

そして今夜も親父様は、

「今日は酒はないのか」

とのたまい、財布を握る母を嘆かせるのでした。
(稼ぎのない、自分はおこぼれ頂戴でいい身分だなあ)
[PR]
# by hirugi1 | 2006-11-29 21:50 |
勉強するにも金がかかる
国立大の学費は年間約55万円。
私立の医学部・獣医系だとかるーく200万は越える。
学費だけまかなえればと思いきや、意外に出費がかさむのが
教科書代などの教材費。

何しろ高い!!!
1冊1万円前後というのがスタンダードのようだ。
しかも困ったことに、指定された教科書が必ずしも良いものとは
限らない。
それで他の人の意見などを参考に、別途参考書を探すはめになる。
場合によっては、人間の医学書の方がもう少し手頃な値段で
わかりやすい参考書があったりする。
とにかく1回の投資金額が尋常でないので、本を買うのは相当
慎重になってしまう。

獣医はマーケットが小さいから、専門書の価格が高いのは
仕方ないが、なんとかならないものか・・・。
コピーしたり、図書館で借りたり、なんとかしのげそうな科目も
あるけど、本はやっぱり手元に欲しい。
そして昨日もとうとうある科目について、図書館で借りて勉強
するには限界を感じ、生協へ走ってしまったのであった。
15000円也(涙)

それでももって、指定教科書ではないのに、先輩達が絶賛するし
実習ですごく助かるのでこんなのも買ってしまった。


現在の最高値


今、お金がたくさんあったら何がしたいかって、心置きなく本が
買いたいっす。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-11-23 11:02 | 大学生活
一体何が違うのかその2?
気づいたら更新放置してました。
すんません。
先週から続いた試験(人は小テストというが・・・)3連発が終わり
ちょっと一息。

しかし、相も変わらず組織学の実習はしんどい。
月曜日の午後1時からノンストップで7時から8時までプレパラート
を見ながらのスケッチ地獄は堂本剛でなくても


「正直しんどい」 (ってこれわかるのか?)


わからない。
周りの子たちは楽しくおしゃべりしながら(してない人もいるが)
5時代に「お疲れ〜♪」と帰っていく。

なんでそんなに早く描けるのだ!
そのうち遅くまで残るメンバーもだいたい固定してきた。
最後になると先生や先輩がやってきて「もう帰りましょう〜」
そして、その日のノルマは終わらず、次回へ持ち越し。
ということで、次の回も遅れてスタートするので、また遅れる。
見事な悪循環だよっ!


先輩曰く
「僕たちの時も、最後まで残ってるのは年寄りばかりだったよー」


教授曰く
「最近の若い人たちは、物事をしっかりみないでちゃんと
描かないから駄目なんですよ」


どちらを信じるにしても所詮、自分の描く組織のスケッチは
こんなもの( -_-)...。


d0013151_23414095.jpg

こりゃ、凹むわなあ。プルキンエ細胞さん@小脳
[PR]
# by hirugi1 | 2006-11-20 23:48 | 大学生活
凹むことが多くて
どうも余裕のない日々を送る管理人です。
パソコンには向かっても書き込む気力がないというか。
度合いは大なり、小なりですが凹むことが多いです_| ̄|○

でもまあ、酒は飲んでますが(爆)

軽い凹み一発。

先週から大学付属家畜病院に、講義の間の2時間弱だけ
研修させてもらうことになった。
短い時間とはいえ、個人の病院と違うなあと思ったのは
・先生(研修医・スタッフ含め)が多い
・とにかく忙しい(特に先生は)
・診察時間が長い(悪い意味ではない)
・病気の種類が違うものが多い
などなど。

そんな中で前回私の仕事のほとんどは、ある患者さんの
小型犬を抱いていることでした。
それは仕方のないことだったのですが、かれこれ20〜30分
抱えていると5キロの小型犬もけっこう重くなってくる。
へたくそに持つから、犬の方も辛くなってくるのがわかる。
で、頑張る→腕が痛い→変な持ち方になる→犬が嫌がる
→また頑張る

を、繰り返してようやく解放された時、


腕、震えてましたっ!


そして


次の日筋肉痛になりました!


まじ、凹む・・・。
腕立て伏せ、云々のレベルではないぞ。
獣医は体力勝負なのに・・・。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-10-31 00:20 | 獣医の戯言
ずどーん!なお客さん
天高く馬肥ゆる秋。
アルコールで激太りの管理人です_| ̄|○。

先日朝一で、眠たい目をこすりながら(いや、寝ていた)
講義を聞いていると窓際で、


ずどーんっ!!


という音が一瞬。
周りがちょっとざわつきましたがそのまま
粛々と講義は続きます。


しかし。

管理人はその時から落ち着きを無くしてました。


「絶対、鳥が窓ガラスに激突したに違いない」


ということで、後半の講義はいかに不慣れな敷地内にて
鳥を捜索するかで頭は一杯。

ようやく終わった講義の後、シュミレーション通り、教室の裏へ
回る。
行くとそこは薮というか、茂み。
薮こぎは得意だけど今日のパンツはジーンズではない。
しかしそれを無視してずかずかとしばらく捜索すると。



あら、キジバトさん、こんにちわ♡



ということで茂みにうずくまるキジバトを発見。
読みが当たったぜ!!!すごいじゃん、自分。
すぐ保護して野生動物の研究室へ連れていこうとして近づいたら



速攻、私の頭をかすめて逃げました(ToT)



いえ、それでよかったのです。
鳥が窓ガラスにぶつかることはよくあることで、その結果脳震盪を
起こします。
重傷だと自然復帰できません。
たいていは、保護したら段ボールに入れて暗くして安静にしていると
飛んでいけるようです。
今回はちょっと期待して(いえ、本当はしてはいけない)鳥に近づいて
しまいましたが、無事???飛んでいってくれて安心です。
人に保護された段階で、野鳥は死んだも同然ともいえるし。

なにはともあれ、管理人に激突しないで飛んでいってくれた
キジバトさんの今後の平和と幸運を祈りたいもので。


・・・ということは、今回の自分は鳥を救おうとして、
びっくりさせて飛ばしただけ???_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
[PR]
# by hirugi1 | 2006-10-12 01:52 | 獣医の戯言
ヒヨさんさようなら
おっと珍しく連続。

さっきメールみたら例の動物病院で面倒見ていた
ヒヨドリのお子様を某公園へ放鳥した、という連絡が。

病院最後のころはまあ、人の顔みりゃ餌くれコール
と同時にケージの中で飛びかかってましたからねえ。
翼の羽の一部が抜けていたので心配でしたが
生えてきていたし、訓練の賜物で多少は自力で
餌食べるようになっていたし。

もちろん、野生の世界ですからこの先どうなるかは
神のみぞ知る、ですが無事に生きていってくれる事を
願ってます。

ヒヨさん、頑張れ〜。
[PR]
# by hirugi1 | 2006-10-02 23:40 | 獣医の戯言