excitemusic

仕事を辞めて、子供の頃からの夢だった獣医の資格を取るために、大学入学を果たした元社会人学生の奮闘記
by hirugi1
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
スナネズミの幸せな一時
ガラス水槽越しに我がスナネズミを撮影することはとても困難だということに
打ちのめされている管理人です。
それでもちょっと頑張ってみました。
仲の良い夫婦のちょっとした一時です。
もっとうまく撮れないかな〜。、
d0013151_222524.jpg


この子無し熟年夫婦のラブラブをみていると癒されます。
はい。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-29 02:27 | ペット
突然意味もないですが・・・
バスケットボールのサークルの20周年で北海道へ行った時、余分に時間があった
ので、室蘭、登別観光してきました。
そこで私のハートに突き刺さったのは、これです。
ガラス張りなので写真悪いですが超笑えます。(私だけ?)
場所は室蘭の観光地地球岬です。そこへ行くと地球が丸いことがわかる、と言われて
います。
バードウォッチャー的にはハヤブサが見られる名所なのでそっちがいいのですが。

で、地球岬で笑ったこの一枚。

d0013151_225037.jpg


ガラス越しで写真悪いですが、写真の左側は鳥羽一郎です。超ドーランぬりたくり
でした。
ライフジャケットは親子の絆ですか!!!

で、もっと笑えたのは、このポスターの隣に海上自衛官募集の張り紙があった事。
ライフジャケット着用普及ポスターと海上自衛官募集のポスター。
なんか笑えてしまいます。しかも観光地地球岬で。なんでやねん!
久しぶりに私のツボにはまってしまいました。

みなさんはいかが??
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-29 02:13 | その他戯れ言
24日からいよいよ収入なし
今日は不眠症の管理人です。
明日は品川のハローワークへ出頭です。
これが失業給付を受ける最後の出頭です。
でも、北海道巡業続きで、貧乏です。

これから本当に収入なしです。

これまで仕事いくつか頼んでみましたが、日本野鳥の会というのは全くつぶしの
きかない仕事だということを思いしらされました。

今ねらっているのは早朝勤務ありのPRONT。
早朝は時給1100円。
家からチャリで5分!

多くは望まない。

でも最低限の生活ができる収入が欲しい。
といっても、来年4月からは学生だから、親のすねかじりですけど( 汗)
でも今考えているのは、早朝バイトで稼いで、午後は動物病院へ見学に行く事。
幸い私には東京都獣医師会の人がいる。
なるべく交通費のかからない所からねらって、修行できたらと思っている。
それは獣医師会の先生が勧めてくれたこと。

これから生活の建て直しです。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-24 04:36 | その他戯れ言
久しぶりに仕事
えー失業給付受給中の管理人ですが、お仕事が入りました。
というか前からやっていることなのですが。

仕事は東京都獣医師会野生動物対策委員会の議事録係なんですけど。

在職中から世話になっていた日本獣医畜産大学の先生の斡旋で今の仕事をもらい
ました。
今は小笠原の固有種の保全について東京都(小笠原も東京都ですから)で何がで
できるか、ということで議論し、今日は小笠原役場の関係者と会合がありました。

ここでは詳しくいいませんが、小笠原の自然は想像以上に危機的な状況にあります。
根本的には人間が、開発を進めた結果固有種の生息地が奪われて、その後、外来種
による被害が拡大している、というのが現状ですが、そんな現状でも石原東京都は
小笠原を世界遺産に登録したくてしょうがないらしく、現状を全くわかっていない
お殿様の強引さに現場は困り果てているというのが実際のようです。

で、獣医師会として何ができるかというと、とりあえず、直面の問題としてノネコ
の問題があって、村としてはずっと捕獲、避妊・去勢手術をしてきて、減少傾向に
あるのですが、まだ被害あるとして、東京都獣医師会でなんとかできないか、とい
うことで、今回小笠原の役場現場担当の人と会合をもったわけです。

外来種の問題は今、深刻で日本各地で問題が起きています。
その中で獣医師ができることは何か。
それを私自身が探っていきたいと思っています。

自然保護において、獣医師にはいろんな可能性がある、と思っています。

今日は勉強になりました。

寝たきり生活から久しぶりに頭を使いました(^_^;)

復活できるかな。

いや、難しいな。
でも頑張ろう。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-21 01:52 | 獣医の戯言
聴診器
大学に受かった時、学生時代に大変(二乗)くらい世話になった先輩から聴診器
を贈ってもらいました。

私は、聴診器はあてれば何でも聴けると思っていたけど違うんですね。

呼吸の音も心臓の音も、当てる所にあてないとわからないらしい。

そう、先輩に言われて、四苦八苦しながらようやく自分の脈は計れるようになり
ました。

この聴診器。

いつか実際の場で使えたら。
というより、使いたい。
見ているとこみあげけてくるものがある。
早く、使いたい。
使えるようになりたい。
大事にしたいと、思っています。

私の スナネズミの心音を聴いてくれた先生のようになりたい。

まだまだ先の話だけど。

心ある医者に。

腕のいい医者になるために。

この聴診器はずっと私の側にいると思う。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-14 23:21 | 獣医の戯言
酒と自分の関係
酒は私の生活においてなくてはならない、必需品です。
日本酒を愛するがあまり、利き酒師の資格もとりました。
蔵元で、修行も4回もしました。
幸い、肝臓の値も至って健康で、今のところ大丈夫のようです。
なんかの病気で、酒が飲めなくなったら絶望しちゃうでしょう。


酒癖は、悪くはないです。ハイになって明るくなるのが普通の宴会の時の私の
姿です。一対一だったら、もっとおとなしいです。
でも、一方で攻撃性が強くなって、喧嘩はしませんが議論になることはたま
にありました。
それから、飲んで、家に帰ってから緊張がとけて壊れたり、特定の人に、
ひどく攻撃的になって、暴言を吐いたりしました。

社会人時代の、酒にまつわる私の有名話のうち一つは、酔っぱらって、細い道を
みんなで歩いていた時に、強引にそこを通ろうとした車を叩き、喧嘩を売った
所、なんと車から出てきたのはやくざ(チンピラ)だった!ということ。
こっちが大勢だったのとすぐ警察呼んだので、ことなきをえましたが、その間
私は警官にもやくざにも「ばーか!」と絶叫していたそうです(-_-;)。

もう一つは、仕事を辞める私の送別会で、速攻酔っぱらって、なぜか店のトイレ
の便器というかタンクをつなぐパイプをぶちきって、破壊してしまったこと。
修理代、12万3千円(ToT)。
でも、この時は、薬ですっかり酒に弱くなっていたので、不可抗力かと。
(言い訳か・・・)


ただ、最近、減薬に入ってからおかしいのです。
飲んでいて、突然どこかで、スイッチが入って、切れてしまうのです。
どれくらい飲めば切れるのかわかれば、コントロールできるのですが、状況に
よって、異なるので、対処できません。
もちろん、飲まなければいいだけの話なんですけどね(^_^;)

切れた後は、パターン化していて、「泣く」「暴言を吐く」「死にたいと叫ぶ」
の連続技になります。そして、記憶はまーったくありません。
こういうことは、過去に数回あったかもしれませんが、減薬期に入ってからすで
に4〜5回くらいやっています。
ちょっとこれはおかしいのでは、と。

前回はとうとう「殺してくれ」と叫んでいたそうです。変な所で進化しています。
暴言の中身も、後で聞かされて「ええ!そんなこと考えてないよお〜」という事
ばかり。もう、自分が信じられません。

そういう訳で、やはりしばらく酒は控えた方がいいのでしょう。
自分でコントロールできなければ、危険だし、周りに迷惑をかけるだけです。
晩御飯の親父の晩酌につきあう程度にしておきます。

健康に、明るく、普通に、酒が飲める日を待つしかないんでしょうね。

でも、酒を「断つ」のは無理そうです_| ̄|○
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-13 11:46 |
クリニック報告
ややダウナー気味の管理人です。

診察日の前日、家で親父とウィスキーを飲んでいたら、突然切れてしまい、
大暴れしてしまいました。それで、すっかり憔悴していたので、先生との
会話も暗くなり、先生、減薬について、始めは3ヶ月って言っていたのに
次は年内に、となり、そして今回、

「年越しかなあ・・・」


_| ̄|○・・・


私の所業が悪いせいで、どんどん減薬終了期がのびて行きます。ううう。
先生はとにかく、カウンセリングに行けとのこと。はいはい、行ってきます。

今回の処方

アモキサン 10mg  1日3回
セパゾン   1mg(2mgから減量) 1日3回
プリンペラン (胃薬) 1日3回

眠剤
ハルシオン 0.25mg 1錠(2錠から減量)
ロヒプノール 2mg  2錠

なんとか年内には減薬終了したいなあ。
でも焦りは禁物、だね。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-13 11:06 | メンタル
薬がない!
明日診察日だけど、前日の夜の薬が見つからない!
発狂しそうになりながら探すけど見つからない。


薬がないって恐い。

薬が無くなることを願っていたのに。

なくなると不安で死にそうになる。

でも見つからないから我慢しよう。

明日は診察日。


でも不安だ。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-12 03:33 | メンタル
果てしない
結局寝たきり老人の管理人です。


死を考えます。


このままおだやかに死ねたら。


でもそれは許されないこと。

私がいたバスケのサークルの先輩にも、さとされた。


生きよう。

と。


暖かく握りしめた手に感謝する。

私は生きて行こう。



今、つぶれています。

鬱じゃない。

でも病にかかっている。

どうか誰か。
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-12 03:24 | メンタル
ちょっとだけ北海道気分3
根室から釧路へ向かい、釧路から北上すると釧路湿原が広がります。
今回は釧路湿原は直接通らなかったので、穴場の別の湿原をご紹介。
その名はコッタロ湿原(語源はわかりませーん)

秋の湿地はヨシが枯れて黄金色に輝いています。その中に流れる小河川や、
小さな水たまりが風景にアクセントをつけてくれます。
展望台のてすりに上って撮ったので、若干曲がってますが、ご勘弁を。

北海道には本州では決して見ることができない風景が沢山あります。
(もちろん、本州には本州の素晴らしい所はたくさんありますが)
7年間、北海道を走り続けて思うのは、自分の原風景はやはり北海道にある
ように感じます。
今回、かつて走り回っていた場所をあらためて訪れてみて、そう実感した旅
でした。
未だ開発の進む北海道で、今ある風景だけは残っていて欲しいと切に願います。

d0013151_20104736.jpg

[PR]
by hirugi1 | 2005-10-03 20:12 |