excitemusic

仕事を辞めて、子供の頃からの夢だった獣医の資格を取るために、大学入学を果たした元社会人学生の奮闘記
by hirugi1
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:酒( 9 )
酒ネタ>新酒だよー!
飲み過ぎによる(いや他にも原因が。。。)体重激増により、
目下晩酌ビールを控えている管理人です。
でも新発売のブラウマイスターは旨かったです。

毎晩晩酌に付き合っていた我が親父殿が、足の骨にひびを
入れて1ヶ月。完治のため、禁酒に付き合っていましたが先週から
晴れて解禁となりました。


早速、酒屋へ走りに飛ばされましたっ!


ということで今や我が家の酒の台所、はせがわ酒店表参道ヒルズ店
へれっつらごー。
今はもう新酒が出始めています。
しかもひやおろしもあるので、新酒とひと夏寝かせた酒が同時に
味わえるということで、けっこう「美味しい」時期です。


先週の新酒フィーバー。


d0013151_21391376.jpg
勧められた「愛宕の松」(宮城県)
新酒ならでは爽やかさもさながら、食中酒を目指した酒造りにたがわず、すっきりとした喉越しと適度な味わいが刺身や煮物に非常に合いました。はからずもその日は宮城の生カキ。気のせいではなく、過去最高のベストマッチだと思ってしまった。
安芸虎は、名前はごつい感じですが、うすにごりの新酒はまさにフレッシュ。でも、余計な甘さや香りはなく純米らしい米の味もする逸品でした。(生カキとは愛宕の松の方がよかったかな)





いや、何より久しぶりの家飲みで親子で新鮮だったのかもしれません。
その後、親父の暴走は止まらず。
1週間で3回、はせがわ酒店にお世話になりました。
もう、すっかり(というかかなり前から)お店のスタッフには面が
割れてます(^^;;)
やれやれ。

そして今夜も親父様は、

「今日は酒はないのか」

とのたまい、財布を握る母を嘆かせるのでした。
(稼ぎのない、自分はおこぼれ頂戴でいい身分だなあ)
[PR]
by hirugi1 | 2006-11-29 21:50 |
閑話休題;酒はほどほどに
自称アル中の管理人です。手の震えがとまらないのは、アル中
なのか、薬のせいなのか??どっちにしてもヤバいですね〜。

さて、ちょっと前になりますが、獣医の2年生でクラスコンパなる
ものが行われました。まあ、どうやら新しく入った自分を含め2名
の編入生の歓迎会も兼ねていたようです。
飲み会といってもシンプルに生協の食堂を借りて、食料や飲み物
は近所で買い出し。
学生らしくていいですね〜。

で、始まって楽しく飲んでいたのはいいのですが、酒が安い缶チュ
ーハイが多くて仕方なく飲んでいたら、それが効いてしまったようで、
情けないことに撃沈しました(ToT)。
帰りにバスに乗るときにステップに乗れずにひっくり返ってしまった
そうです(-_-;)。
いえ、こんな情けないことはあまり(ええ??)なかったと信じたいの
ですがやってしまいました。

いい大人が学生に呑まれてな−にやってるんでしょう。
ダメージが大きくて、しばらく缶チューハイは飲みたくありません。
(と、往生際悪く酒のせいにする)

まあ、飲みそのものは学生らしく、しっかりイッキコールとかやって盛
り上がって楽しげでしたし、よかったのですが。
(後でもう一人の編入生に「飲みに馴染みすぎ!」と言われてしまった)

何にしても、自分を見失う行為だけは避けよう、と心に固く誓った次第
です。

さて、どうなることやら。
[PR]
by hirugi1 | 2006-06-05 01:22 |
敗北_| ̄|○
昨日、友人の結婚祝いパーティーに行って来ました。

寝たきりで、弱っているので、酒には気をつけていたつもりですが、
まあ、パーティーにありがちな

「食べ物が少ない、あっても食べられない」

という状況で、つい飲んでしまい、計らずも記憶を飛ばしました。

断片的に記憶はあるのですが、後で聞いたら最後の方で、会場で一回転んで、
で、帰り際に店の出口でまた転んだそうです。

で、元会社の先輩2人に抱えられて、何とか帰宅したわけですが。

翌日(今日)、体中が痛い!
で、点検すると、両腿打撲、両膝打撲&擦り傷、そして、口内出血という惨憺
たる状況。
私の膝はもうぼろぼろです(>_<)


なーんでこうなるかと、どっぷり落ち込んで、また今日も寝たきりでした。
いやあ、情けないことこの上なし。

酒のコントロールは本当に難しい・・・。
でも止められないのが、酒飲みの哀しい性。

対外的な飲みには要注意ですね。反省です_| ̄|○。
[PR]
by hirugi1 | 2006-01-30 01:06 |
酒と自分の関係
酒は私の生活においてなくてはならない、必需品です。
日本酒を愛するがあまり、利き酒師の資格もとりました。
蔵元で、修行も4回もしました。
幸い、肝臓の値も至って健康で、今のところ大丈夫のようです。
なんかの病気で、酒が飲めなくなったら絶望しちゃうでしょう。


酒癖は、悪くはないです。ハイになって明るくなるのが普通の宴会の時の私の
姿です。一対一だったら、もっとおとなしいです。
でも、一方で攻撃性が強くなって、喧嘩はしませんが議論になることはたま
にありました。
それから、飲んで、家に帰ってから緊張がとけて壊れたり、特定の人に、
ひどく攻撃的になって、暴言を吐いたりしました。

社会人時代の、酒にまつわる私の有名話のうち一つは、酔っぱらって、細い道を
みんなで歩いていた時に、強引にそこを通ろうとした車を叩き、喧嘩を売った
所、なんと車から出てきたのはやくざ(チンピラ)だった!ということ。
こっちが大勢だったのとすぐ警察呼んだので、ことなきをえましたが、その間
私は警官にもやくざにも「ばーか!」と絶叫していたそうです(-_-;)。

もう一つは、仕事を辞める私の送別会で、速攻酔っぱらって、なぜか店のトイレ
の便器というかタンクをつなぐパイプをぶちきって、破壊してしまったこと。
修理代、12万3千円(ToT)。
でも、この時は、薬ですっかり酒に弱くなっていたので、不可抗力かと。
(言い訳か・・・)


ただ、最近、減薬に入ってからおかしいのです。
飲んでいて、突然どこかで、スイッチが入って、切れてしまうのです。
どれくらい飲めば切れるのかわかれば、コントロールできるのですが、状況に
よって、異なるので、対処できません。
もちろん、飲まなければいいだけの話なんですけどね(^_^;)

切れた後は、パターン化していて、「泣く」「暴言を吐く」「死にたいと叫ぶ」
の連続技になります。そして、記憶はまーったくありません。
こういうことは、過去に数回あったかもしれませんが、減薬期に入ってからすで
に4〜5回くらいやっています。
ちょっとこれはおかしいのでは、と。

前回はとうとう「殺してくれ」と叫んでいたそうです。変な所で進化しています。
暴言の中身も、後で聞かされて「ええ!そんなこと考えてないよお〜」という事
ばかり。もう、自分が信じられません。

そういう訳で、やはりしばらく酒は控えた方がいいのでしょう。
自分でコントロールできなければ、危険だし、周りに迷惑をかけるだけです。
晩御飯の親父の晩酌につきあう程度にしておきます。

健康に、明るく、普通に、酒が飲める日を待つしかないんでしょうね。

でも、酒を「断つ」のは無理そうです_| ̄|○
[PR]
by hirugi1 | 2005-10-13 11:46 |
立ち呑み屋デビュー!
今日は予備校(小論文)の日であった。宿題のクローン人間については、結局、
予備校の自習室で授業2時間前から書き始めて、なんとかオッケーをもらった。

そんなことはともかく、今日の私にはあるミッションがあった。


帰りに立ち呑み屋で飲んでいく!


理由を書くと長いのだが、今、予備校の帰りは歩いて帰っている。
(所用時間40分)
帰り道の途中(四谷)に老舗の地酒専門販売店があることは前から知っていた。
時々、自転車で買い付けに走っていたこともある。
で、そこの店、販売店の隣に立ち呑み屋を併設しているのである!
この店、「鈴伝」(伝はもっと難しい漢字)というのだが、虎の門にも直営店を
かまえている。
前にそこへ行って、種類の多さと値段の安さに倒れそうになった覚えがある。
それはともかく、立ち呑みである。

まず、店で親父用の酒を購入する。(臥龍梅、純米吟醸)

で、店のにーちゃんに、「店、やってますう〜?」とさぐりを入れて、店を出て
隣の小さな扉をあける。6時半だというのに、店は親父でいっぱい。
とりあえず、壁にはってある酒の10種類の銘柄を眺めながら、つまみが並んだ
カウンターにいるおばちゃんに聞く。
『「○○」は純米?』
おばちゃん、すぐ隣の店のおにーちゃんに聞く。(おいおい、それくらい覚えとけよ)
「あー、本醸造だねー」

「じゃあ、この中で純米なのは!」

「○○と○○かなあ」

うー、こんなやりとりするくらいなら、はり紙に純米なのか本醸造なのか明記してく
れよお。地酒専門店直営なんだからさあ。
まあ、値段が380円とかいう奴はまちがいなく本醸造だろう。
でも600円と一番高かった酒が本醸造だったのは納得いかない!


まあ、頭の中であれこれ考えながら、結局純米の成政(富山)をいただく。450円。

意外だったのは、1人がとても楽だったこと。

周りは2人以上で飲んでいる。

帰り際、男性に連れられた女性が「わー、なんかすごい〜」とか訳分からんこと抜かし
ながら入ってきたが、とにかく、1人で、つまみも頼まずただ酒を一杯飲む、という
行為に悦に入ってしまったのである。


これは危険信号だ。

居心地よくて、もう一杯、といきたかった所だったが、この後に25分の歩きが待って
いたので、本当に1杯で切り上げて、家路についた。
帰り路は心なしか早く、ほろ酔い気分で家につく。


勉強して、一杯飲んで、歩いて帰る!

健康的ではないか!(←やっぱ違うかな〜)


立ち呑み屋デビューばんざーい!


ってか、つまみくらい、食べろよって。_| ̄|○
[PR]
by hirugi1 | 2005-06-14 20:14 |
すいません、また飲んでしまいました
例の飲食店経営の社長から私からの提案だった、飲み屋へ行くことに
なった。今度は、社長のやっている飲み屋の板さん同行。緊張!

行ったのは大塚の「こなから」というちいさな店であるが予約をとら
ないとほとんど入れない人気店である。
ポイントはつまみと酒がいい!ということ。
居酒屋評論家?太田氏曰く「深化した居酒屋」という。
それだけに期待は膨大。

で、結果はというと、

お金ないと十分楽しめませんよお!

なんだけど、いやはや、うまかった。

まず最初に飲んだブライマイスターが泡がクリーミーで超うまい!
で、日本酒ですが、
3人で飲んだ内、一番人気だったのは
鳳凰美田(栃木) 亀の尾 50% 純米吟醸

やわらかい味でずっと飲んでいられる安心できる酒。

で、あっしが飲んだのは
れい(酒へんに豊)泉(岐阜) 早春味 純米吟醸生
               鳳凰美田に比べると味わいがやや薄れる
               しかし、生らしいフレッシュ感あふれ
               味ののりも良し!
醸し人九平次(愛知) 吟醸 うすにごり
              オーソドックスな生酒の味わい。
              有名所だが、それほど感動はなし。でもうまい。
飛露喜 (福島) 純米吟醸 雄町 純米
              飲みやすいのだけど、なんといっても後味が雄町〜!
              という強い主張。雄町強し!
早瀬浦(福井) 山田錦 吟醸 本生
早瀬浦(福井) 五百万石 山廃 本生

この2種は想像通りまったく違う味わいでした。当然ながら山廃の方が味わいが
あり、じっく飲める感じでしたが、山田錦の生とフレッシュ感、かろやかさも
捨てがたい。板さんは山廃の方を好んでおりました。

つまみも季節毎に変わっていて食べたかったさんまの肝醤油焼きはなかったですが
まぐろと酒盗とクリームチーズという不思議なとりあわせが異常にうまく皆感心。
出汁巻き卵を頼んでもついてくるおろし大根が、普通の大根ではなくてからみ大根
という辛くてかつ甘みのあるうまいおろしがついて来る。
こういうことがわかれば、この値段も納得がいく。
空豆も黒い部分はしっかり取り除かれて出されていた。手がこんでいる。

こだわりの酒と手をぬかないつまみでしっかり客をつかんでいるようで、予約で
一杯なのもわかる気がする。

今日はまた勉強。
酒は奥深いよ〜。酒だけでなくつまみも重要!

今日は予備校含め7時間の勉強後だったので、夢のようでした。

次は飲んべえの殿堂、虎ノ門へ出撃です。

というわけで、今回も飲み代はタダ。ありがたや〜。
もう、すべて失敗に終わったら社長に雇ってもらおうかしらん。
[PR]
by hirugi1 | 2005-04-27 01:29 |
今日の酒
今日は、前の職場のボランティアさん(鉄鋼業&飲食店経営)に頼まれて
飲み屋のリサーチにかり出された。
こんな嬉しい!ことはない。

最初の店は、オール個室でそれが京都の酒蔵の酒樽を個室にしていると
いるすごいつくりの店だった。オール個室でそれが酒樽になっている!
予約が取るのも難しいらしい。だがしかし!
酒のそろいが悪い!日本酒、あまりにありきたりで個性のかけらもない!
そして、すべてが

高い!

つまみもえらく凝っていて、美味しいのだけど、なんだかやりすぎ〜。
私のアンテナにはびしっとこなかった。なんといっても高いし。
相方もいまいちだったようで、話の中で銀座に日本酒専門バーがある事
を言ったら即そこへ行こう、ということになり、店を104で探して
予約を取った。店の名は庫裏(くり)。

そこの店のいい所は、まず、酒屋の次男坊が経営していること。
酒の量は60ml,120ml,180mlで価格が分けられてていて、要するに、
少量の酒で色んな酒を楽しめるということである。

そういうわけで、ストレスのたまりまくった私が飲んだ酒。

最初の店:黒龍いっちょらい(福井)1合を2人でわける
     菊姫山廃吟醸(石川)同上

2軒目の店:天吹(佐賀) 純米吟醸 
      能古見(佐賀) 純米吟醸
      酒一筋(岡山) かたつむり
      諏訪泉 鵬(おおとり)(鳥取) 12年古酒
以上いずれも60ml

そういうわけで、泥酔もせずに無事帰れたのでした。

ちなみに今回の相方は鉄鋼業も営んでいるので、ライナーさんの創作にも
加担できる可能性があります。本人ももの作りに命燃やしている職人さんなので。
うまくいけば鉄とのコラボレーションも見られるかもしれません。

それにしても、酒はいいねえ。奥が深いよ。
今日は天吹がお気に入りだったかな。なでしこ酵母を使っているらしい。

まあともかく、勉強もして、酒も飲んで、今日は良い日であった。

(アドバイザーということで、今日の飲み代は全部タダ!)

明日、晴れたら図書館へ行こう。
[PR]
by hirugi1 | 2005-04-21 01:34 |
純米酒フェスティバルぅ!
今日は待ちに待った「純米酒フェスティバル」の日だった。
蔵元が50以上集まって、自慢の酒を飲ませてくれるのだ。
会費5000円で、会場はなんと椿山荘。昼食はビュッフェ式。
これで、酒が飲み放題なのである。日本酒好きにはバラダイス♡

しかし、今回は失敗した。
ねらっていた蔵の半分も回れなかった。
やはり酒に弱くなっている自分に気付いた。
その証拠に、帰りに



知らない男性におんぶされてましたからっ(ToT)/



なぜそういう展開になってしまったのか、全く記憶がない。
気付いたらおんぶされてました。
で、駅まで送ってもらって、お礼を言って帰ったわけですが。



敗北・・・_| ̄|○



帝国書院の皆様、どうもありがとうございました。

というわけで今日は全く勉強していないのでした。
明日からは心入れ替えて頑張ります。
[PR]
by hirugi1 | 2005-04-10 22:12 |
今日は酒のみでした
午前中は国民年金の手続きでえらい時間をとった。
わからないことばかりだ。
銀行を2往復した。

図書館はなんと休館だった。

一気にやる気をなくして、昼にビール飲んで堕落する。

夕方は上司の壮行会。

便器を壊した店でまたやる、ということで、ひたすらウーロン茶で
過ごす。すごい欲求不満。でもまたバカをやってはいけないから
おとなしくしていた。
でも酒を自由に飲めないのは辛い。みんな私に飲むなという。
わかってるけど、辛い。

でもまあ、酔っぱらないですごす飲み会もありだろう。

今日は平和だ。

勉強はなし!
[PR]
by hirugi1 | 2005-04-08 02:54 |